075-313-7830(ナヤミゼロ) 075-313-7830(ナヤミゼロ)

解決事例Cases

事故現場を現地調査し、相手方の主張する事実が不可能であることを立証

2018年09月11日

【事故の状況】
依頼者の方は、片道1車線の道路を四輪車で走行していました。
「ト」の字型の交差点において、右折しようとしたところ、
後続の二輪車が中央線を越えて対向車線に飛び出し、
右側から四輪車を追い越そうとしたため、衝突されてしまいました。

 

【相手方の主張】
本件のような事故の場合、
相手方が追い越す際に、
中央線を越えていたかどうかで過失割合が大きく変わります。
相手方は、
①四輪車は、右折する直前に道路の左側に寄って
停車するような動きを見せていた。
②このため、右側にスペースがあいたため、中央線を越えずに追い越しをかけたところ、
四輪車が急に右折してきたために衝突したと主張していました。

 

【事故現場を調査】
弁護士が実際に事故現場に赴き、状況を確認したところ、
事故現場となった交差点の左側は崖になっていました。
また、道路の幅を計測した結果、
仮に四輪車が左側に寄っていたとしても、
中央線を越えずに相手方の二輪車が四輪車の右側を追い越することは
不可能であることが判明いたしました。
 

【結果】
裁判において、
事故現場の道路の幅を計測した写真及びそれぞれの車両の幅を示す資料を提出し、
相手方の主張する事実が不可能であることを主張した結果、
当方の主張に沿った過失割合での和解が成立いたしました。

 

【本件解決のポイント】
最近では、パソコンなどで全国の地図を確認することができるため、
実際に事故現場にまで行かなくても、
事故現場の状況をある程度確認できるようになりました。
しかし、事故現場を自分の目で確認することで初めてわかることがあります。
本件では、事故現場の道路の幅を実際に計測し、
それぞれの車両の幅から、
相手方の主張する事実が不可能であることを証明できたことが、
事件の解決につながったといえます。

TOP